展覧会情報

コレクション展

「山の日」特集展示 山を旅する

上地瑛一郎《月皓》1976年

上地瑛一郎《月皓》1976年

加藤水城《秋の山岳》

加藤水城《秋の山岳》

武井真澂《山岳図》

上地瑛一郎《月皓》1976年
加藤水城《秋の山岳》
武井真澂《山岳図》
会期 2017年7月25日(火) 〜 2017年11月5日(日)
会場 常設展示室B

2016年から、8月11日が国民の祝日「山の日」になりました。施行1周年を記念して、所蔵作品の中から山にちなんだ作品を特集展示いたします。

穂高連峰や上高地、乗鞍岳、美ヶ原高原などの山岳景勝地を有し、北アルプスを望む松本市は、「岳都」と呼ばれます。岳都・松本の美術館として、当館では山岳をテーマとした国内外の美術資料等の収集につとめています。

今回は、松本市周辺に生まれ育った、または疎開や移住をした画家の作品をご紹介いたします。山という存在を、心身ともに身近に、肌で感じながら生きた画家たちが描く山々は、捉え方も表現の仕方も様々です。遠くから眺めた山、生活と共にある山、高地に分け入って描いた山。さらには日本特有の春夏秋冬、それぞれの季節が見せる山の姿・・・。それらは見た目の美しさだけでなく、全てを包み込むような山の温かさや自然の厳しさをも感じさせます。

皆さまは、どの山がお好きでしょうか。
時と場所を超えて、それぞれの画家が描いた多様な山を、旅するようにお楽しみいただければ幸いです。

チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから。

関連プログラム
探検!びじゅつかん!パート2
展覧会に合わせ「山を旅する」ように、親子で作品鑑賞を楽しみながら会場を巡ります。
日時:8月30日(水)午前10時30分~11時 対象:2歳から6歳までのお子さんとその保護者 定員:10組 料金:無料 申込・問合せ:8月5日(土)から松本市美術館へ

August 11th became a national holiday, Yama no hi (Mountain Day), in 2016. To mark the second Mountain Day, we are exhibiting a special selection of works from our collection.

With the scenery of the Hotaka Range, Kamikochi, Norikura and Utsukushigahara, Matsumoto is known as a mountain city. As the city art museum, we are dedicated to collecting mountain-themed art both from Japan and abroad.
In this exhibition, we show the works of artists who were born and raised in the Matsumoto area, or were evacuated here or moved here. There are many ways in which artists have captured and expressed the mountains based on their experiences living among them. We see mountains from afar, mountains that are parts of people’s lives, and the views from high points artists have struggled to climbe to. We also see the seasons in the mountains, and get a sense of spring, summer, autumn and winter in Japan. As well as the beauty, they make us feel the warmth of the mountains and the harshness of nature.

We hope you find your favourite mountain in our exhibition, and that you take this opportunity to travel through time and space to see the mountains these artists have painted.

  
河越虎之進《山岳展望図絵》より 1959年