新着情報お知らせ

【太田南海展】開幕です!

展覧会情報

太田南海展ロゴ

「太田南海展」が開幕いたしました。

太田南海おおた なんかい(1888-1959年)は松本市の中心部・中町に人形師の長男として生まれ、米原雲海に師事した彫刻家です。師・雲海の信頼も厚く、その晩年には制作の片腕として活動しました。

独立し、拠点を故郷・松本に移すと、地元の人々に請われて、仏像や肖像、祭りの舞台などを制作しながら、文展・帝展などへの出品を続けました。

今年は、南海が生まれてから130年。本展では、木彫作品を中心に、陶彫や日本画も含め、市井に眠る多彩な南海の芸術世界をご堪能ください。

南海展 内覧会1

_DSC9077

 

写真は内覧会の様子です

「太田南海展」詳細はこちらをご覧ください

関連プログラム、優待割引についてはこちら!