新着情報お知らせ

企画展「遥かなる山-発見された風景美」の後期展示が始まりました

お知らせ

7月16日(土)から開催している企画展「遥かなる山-発見された風景美」の大幅な展示替えを

おこない、新たな作品を展示しました。

山の日制定記念のこの機会に、是非、松本市美術館で「山」を観て、感じてください。

 

後期のみ展示の主な作品

竹内梄鳳《渓流(未完)》、川合玉堂《妙義雨後図》、菊池華秋《雪晴》、五百城文哉《百花百草図》、大下藤次郎《穂高山の麓》

 

企画展「山の日制定記念 遥かなる山-発見された風景美」の詳細はこちらからご覧ください

大下藤次郎《穂高山の麓》 1907年 東京国立近代美術館蔵
大下藤次郎《穂高山の麓》 1907年 東京国立近代美術館蔵