来館のご案内

フロアガイド

3F

常設展示室B

常設展示室Bでは、年に3回程度展示替えを行い、コレクションの中から選りすぐりの作品を展示します。


常設展示室C(草間彌生常設展示)

草間彌生 -魂のおきどころ-

現代芸術をリードしつづける草間彌生。少女期の葛藤から生まれた作品群や、近年の作品など、日常と非日常のはざまから創出される彼女の作品を故郷・松本で常設展示しています。


上條信山記念展示室

松本市出身の書家・上條信山(1907-1997年)の生涯にわたる書を収蔵。ほとばしる墨、躍動する線、力強い表現から生み出される爽快で響きのある空間が印象的です。


田村一男記念展示室

信州の山と自然をこよなく愛した画家・田村一男(1904-1997年)の生涯にわたる絵画を収蔵。冬の高原風景を中心に、自然のもつ空気感を独特のマチエールと存在感で表現しています。


池上百竹亭コレクション

池上喜作氏(雅号・百竹亭 1890-1978年)が蒐集した、正岡子規をはじめとする明治から昭和期の文人たちの珠玉の名品を展示しています。


細川宗英特設展示

松本市出身の彫刻家・細川宗英(1930-1994年)。その才能は当初から高く評価されており、戦後彫刻界の新しい動きの中で最も輝いた作家の一人です。3階の美術情報図書室前のスペースを利用して作品を展示しています。


美術情報図書室

美術専門書籍を中心に、常時開架では約2千冊程度(閲覧のみ)。情報システムを使って当館収蔵作品が検索できるほか、美術関係のビデオライブラリーもご鑑賞いただけます。密度の高い学習と幅の広いニーズにお応えします。