美術館について

学都松本における心をひらく学びの森の美術館として、2002年4月に開館した松本市美術館は、鑑賞の場、表現の場、学習の場、交流の場を4つの柱に、地域に根ざす総合美術館をめざしています。

松本に縁の深い芸術家等の作品展示や様々な企画展のほか、ワークショップ等の教育普及事業等を行うなかで、広い視野に立って総合芸術の振興を図ります。