展覧会情報

企画展

太田南海《宿命》 1934年

太田南海《宿命》 1934年

生誕130年記念 太田南海展 心・技、光る ~松本の文化を支えた彫刻家~

会期 2018年9月15日(土) 〜 2018年11月25日(日)
会場 企画展示室

太田南海(1888-1959年)は松本市の中心部・中町に人形師の長男として生まれ、米原雲海に師事した彫刻家です。師・雲海の信頼も厚く、その晩年には制作の片腕として活動しました。

本展では、生誕130年を記念し、美術家としての太田南海の活動にスポットをあて、その多彩な作品群を紹介するものです。

 

詳細

過去の企画展アーカイブ