展覧会情報

企画展

《楽焼駆兎文皿》1919年 日本民藝館蔵 

《楽焼駆兎文皿》1919年 日本民藝館蔵 

日本民藝館所蔵 生誕130年 バーナード・リーチ展

会期 2016年04月21日(木) 〜 2016年06月05日(日)
会場 企画展示室

東洋と西洋――ふたつの文化の融合を目指した英国人陶芸家バーナード・リーチ(1887~1979年)。柳宗悦の起こした民芸運動にも傾倒し、松本をはじめ日本各地の工房で職人たちと共に制作、意匠提供も行いました。

本展では、リーチの生誕130年を記念し、日本最大のリーチ作品コレクションを誇る日本民藝館の所蔵品を中心に、日本人に愛された英国人陶芸家バーナード・リーチの芸術活動をご紹介いたします。

詳細

大下藤次郎 《穂高山の麓》 1907年 東京国立近代美術館蔵

大下藤次郎 《穂高山の麓》 1907年 東京国立近代美術館蔵

遥かなる山-発見された風景美

会期 2016年07月16日(土) 〜 2016年09月04日(日)
会場 企画展示室

明治期に日本で近代登山が黎明を迎えると、自然美に憑かれた画家たちがみずみずしい筆致で感動を描きとめます。大正から昭和初頭の観光ブームにより山岳風景が万人のモティーフとなると、実景から離れた主観的な表現も生まれました。いつの時代も人々を惹きつけてやまなかった山の魅力の原点を、絵画の世界から振り返ります。

※会期途中に展示替えがあります。

詳細

《Matilda》 2014年

《Matilda》 2014年

飯沼英樹展

会期 2016年09月17日(土) 〜 2016年11月27日(日)
会場 企画展示室

国内外で活躍を続ける松本市出身の彫刻家・飯沼英樹。現在を生きる飯沼が創り上げるのは、現代を生きる女性像。煌びやかな衣装を纏ったモデルたちの、一瞬の輝きに宿る神性を具現化したかのような飯沼の木彫作品。その全貌をご紹介する初めての展覧会です。

詳細

第6回展 グランプリ天衣賞 川村政美 《菜園の大切な時間》 2014年

第6回展 グランプリ天衣賞 川村政美 《菜園の大切な時間》 2014年

70歳以上の公募による美術展 第7回 老いるほど若くなる

会期 2017年03月04日(土) 〜 2017年04月09日(日)
会場 企画展示室

応募条件はただ一つ、70歳以上であること。隔年で開催し今回で7回目となる、70歳以上の方を対象にした公募展。入賞・入選作品約100点を展示します。年を重ねたからこそ描ける天衣無縫な世界をご堪能ください。

詳細

過去の企画展アーカイブ