展覧会情報

企画展

柚木沙弥郎のいま

《木もれ陽》2019年 作家蔵 撮影:大崎えりや

《木もれ陽》2019年 作家蔵 撮影:大崎えりや

《2016》 2016年 日本民藝館蔵 

《2016》 2016年 日本民藝館蔵 

《鳥獣戯画》(部分) 2019年 作家蔵 撮影:大崎えりや

《鳥獣戯画》(部分) 2019年 作家蔵 撮影:大崎えりや

《いのちの樹》 2018年 作家蔵 

《いのちの樹》 2018年 作家蔵 

《無題 2019》 2019年 作家蔵

《無題 2019》 2019年 作家蔵

《木もれ陽》2019年 作家蔵 撮影:大崎えりや
《2016》 2016年 日本民藝館蔵 
《鳥獣戯画》(部分) 2019年 作家蔵 撮影:大崎えりや
《いのちの樹》 2018年 作家蔵 
《無題 2019》 2019年 作家蔵
会期 2020年5月26日(火) 〜 2020年7月12日(日)

休館日  月曜日
開館時間 9:00~17:00(入場は16:30まで)

会場 企画展示室
観覧料

大人1,100円、大学高校生・70歳以上の松本市民700円 ※前売券と20名以上の団体、2回目以降の観覧は各200円引き ※中学生以下無料、障害者手帳携帯者とその介助者1名無料

※前売り券の販売は中止となりました。ご不便をおかけし申し訳ございませんが、ご理解の程宜しくお願いいたします。
リピート割引 大人900円、大学高校生・70歳以上の松本市民500円 ※2回目以降の観覧料。要半券提示。他の割引との併用不可。

染色家、97歳―。 “楽しくなくちゃ、つまらない”

そう語る柚木の創作の源泉は、日々の暮らしの中にありました。

染色家・柚木沙弥郎は、松本市にとてもゆかりの深い作家です。戦前、旧制松本高等学校(現在の信州大学)に入学して青春時代を過ごし、戦後は民藝運動が盛んになったこの地を幾度となく訪れ、登山に親しんだり、染色家として個展を開催したりしてきました。今も松本の街中で、その作品や柚木が提供した様々なデザインを見ることができます。

柚木は1922年、東京で生まれました。幼いころから絵画に慣れ親しんだ柚木は、戦後、倉敷の大原美術館に勤務したことにより、民藝運動に出会い、芹沢銈介の型染作品に感銘を受けました。その後、20代半ばから染色家として歩み始め、自由でユーモアあふれる形象や豊かな色彩で多くのひとびとを魅了してきました。そして、97歳になった今も毎日のように自宅のアトリエで制作を続けています。

とくに近年の作品は、デザインして切り抜いた型紙をランダムに配置して染色するなど、同じモチーフを幾度も繰り返す従来の型染のイメージとは一線を画しています。また染色のみならず、70歳を過ぎたころから描画や版画、立体造形など新たな表現活動も積極的に手がけています。

この展覧会では、97歳になった柚木の近年の型染作品を中心に、水彩画、版画など約80点を展示します。また、松本にも縁の深い柚木が、市内で手がけてきた仕事も合わせてご紹介します。
誰もが思わず笑顔になる柚木作品を、ぜひ松本でご覧ください。

新型コロナウィルスの感染症の感染予防・拡散防止のため、ワークショップ「型染和紙の箱作り」については中止とさせていただきます。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

柚木沙弥郎展_チラシ表柚木沙弥郎展‗チラシ裏

主  催 | 松本市美術館
共  催 | 信濃毎日新聞社、SBC信越放送
後  援 | 市民タイムス、MGプレス

こちらの動画では展覧会の様子をご覧いただけます。