展覧会情報

企画展

映画監督 山崎貴の世界

山崎監督が考案した展覧会のオリジナルキャラクター

山崎監督が考案した展覧会のオリジナルキャラクター

山崎監督が考案した展覧会のオリジナルキャラクター
会期 2023年7月15日(土) 〜 2023年10月29日(日)

休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)※8月は無休

会場 企画展示室
観覧料

決まり次第お知らせいたします

松本市出身の映画監督・山崎貴(1964年~)の世界をご紹介する展覧会です。
山崎監督がつくりあげる映像の世界を、絵コンテやデザイン画、映像制作のために作られたミニチュア模型や出演者の衣裳、セットの実物をはじめ、CGの合成過程、完成映像などを通じて展観いたします。

 

山崎貴監督プロフィール
1964年、松本市に生まれる。
松本県ケ丘高等学校を卒業後、阿佐ヶ谷美術専門学校で学ぶ。1986年に株式会社白組に入社。
「ジュブナイル」(2000)で監督デビュー。「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005)が第29回日本アカデミー賞の最優秀作品賞ほか13部門を受賞、その後シリーズ化され、計3作品が公開された。「永遠の0」(2013)、「STAND BY ME ドラえもん」(2014)はそれぞれ第38回日本アカデミー賞の最優秀監督賞ほか7部門、最優秀アニメーション作品賞を受賞。以後「DESTINY 鎌倉ものがたり」や「アルキメデスの大戦」など話題作を次々と世に生み出している。最新作は「ゴーストブック おばけずかん」(2022)。2023年11月には「ゴジラ」の新作が公開される予定。
CGによる高度な映像表現・VFX(ビジュアル・エフェクツ/視覚表現)の第一人者であり、日本を代表する映画監督の一人である。

 

主催 松本市美術館、TSBテレビ信州

特別協力 株式会社白組

協力 一般社団法人 松本映画祭プロジェクト