展覧会情報

企画展

北欧の神秘 ―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

テオドール・キッテルセン《トロルのシラミ取りをする姫》1900年 ノルウェー国立美術館 Photo:Nasjonalmuseet/Børre Høstland

テオドール・キッテルセン《トロルのシラミ取りをする姫》1900年 ノルウェー国立美術館 Photo:Nasjonalmuseet/Børre Høstland

カール・ステファン・ベンネット《ストックホルム宮殿の眺め、冬》制作年不詳 スウェーデン国立美術館 Photo:Nationalmuseum

カール・ステファン・ベンネット《ストックホルム宮殿の眺め、冬》制作年不詳 スウェーデン国立美術館 Photo:Nationalmuseum

ロベルト・ヴィルヘルム・エークマン《イルマタル》1860年 フィンランド国立アテネウム美術館 Photo:Finlands Nationalgalleri/Hannu Aaltonen

ロベルト・ヴィルヘルム・エークマン《イルマタル》1860年 フィンランド国立アテネウム美術館 Photo:Finlands Nationalgalleri/Hannu Aaltonen

マルクス・ラーション《滝のある岩場の景観》1859年 スウェーデン国立美術館 Photo:Nationalmuseum

マルクス・ラーション《滝のある岩場の景観》1859年 スウェーデン国立美術館 Photo:Nationalmuseum

エドヴァルド・ムンク	《フィヨルドの冬》1915年 ノルウェー国立美術館 
 Photo:Nasjonalmuseet/Børre Høstland

エドヴァルド・ムンク 《フィヨルドの冬》1915年 ノルウェー国立美術館 Photo:Nasjonalmuseet/Børre Høstland

ガーラル・ムンテ《帰還するオースムンと姫》1902-1904年 ノルウェー国立美術館	Photo:Nasjonalmuseet/Jacques Lathion

ガーラル・ムンテ《帰還するオースムンと姫》1902-1904年 ノルウェー国立美術館 Photo:Nasjonalmuseet/Jacques Lathion

ニコライ・アストルプ《ユルステルの春の夜》1926年 ノルウェー国立美術館	Photo:Nasjonalmuseet/Frode Larsen

ニコライ・アストルプ《ユルステルの春の夜》1926年 ノルウェー国立美術館 Photo:Nasjonalmuseet/Frode Larsen

エウシェン王子《初冬の朝》1906あるいは1907年 スウェーデン国立美術館 Photo:HansThorwid/Nationalmuseum

エウシェン王子《初冬の朝》1906あるいは1907年 スウェーデン国立美術館 Photo:HansThorwid/Nationalmuseum

テオドール・キッテルセン《トロルのシラミ取りをする姫》1900年 ノルウェー国立美術館 Photo:Nasjonalmuseet/Børre Høstland
カール・ステファン・ベンネット《ストックホルム宮殿の眺め、冬》制作年不詳 スウェーデン国立美術館 Photo:Nationalmuseum
ロベルト・ヴィルヘルム・エークマン《イルマタル》1860年 フィンランド国立アテネウム美術館 Photo:Finlands Nationalgalleri/Hannu Aaltonen
マルクス・ラーション《滝のある岩場の景観》1859年 スウェーデン国立美術館 Photo:Nationalmuseum
エドヴァルド・ムンク	《フィヨルドの冬》1915年 ノルウェー国立美術館 
 Photo:Nasjonalmuseet/Børre Høstland
ガーラル・ムンテ《帰還するオースムンと姫》1902-1904年 ノルウェー国立美術館	Photo:Nasjonalmuseet/Jacques Lathion
ニコライ・アストルプ《ユルステルの春の夜》1926年 ノルウェー国立美術館	Photo:Nasjonalmuseet/Frode Larsen
エウシェン王子《初冬の朝》1906あるいは1907年 スウェーデン国立美術館 Photo:HansThorwid/Nationalmuseum
会期 2024年7月13日(土) 〜 2024年9月23日(月)

開館時間 9:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日 月曜日(ただし、祝日の場合その翌平日)※8月は無休

会場 企画展示室
観覧料
  前売券            窓口・オンライン
北欧の神秘展
(単独券)
 大人 ※ 1,300円
大学高校生 800円
北欧の神秘展・
コレクション展示共通券
大人 ※ 1,600円
大学高校生 1,000円
  当日券 窓口 オンライン
北欧の神秘展
(単独券)
大人 ※ 1,500円 1,400円
大学高校生 1,000円 900円
北欧の神秘展・
コレクション展示共通券
大人 ※ 1,800円 1,700円
大学高校生 1,200円 1,100円

※70歳以上の松本市民は当日券1,000円(前売券800円)、コレクション展示無料。オンラインチケットの取り扱いはありません
〇中学生以下無料、障がい者手帳携帯者とその介助者1名無料
〇20名以上の団体は各200円引き(共通券との併用は不可、当日窓口販売のみ)
〇大学高校生と70歳以上の松本市民は観覧当日、証明書(学生証、免許証等)の呈示が必要

窓口販売:松本市美術館(前売券取扱い:6月20日(木)~7月12日(金))
オンラインチケット:松本市美術館HP(前売券取扱い:6月13日(木)~7月12日(金))

本展は、北欧の自然や神話に見られる神秘的な側面に着目し、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの国立美術館が所蔵するコレクションの中から、19世紀から20世紀初頭の北欧絵画を日本でまとめて展示するはじめての展覧会です。

19世紀、それまでフランスやドイツといった大陸諸国の美術に範をとっていた北欧の画家たちは、ナショナリズムの高まりを背景に、次第に母国の自然や歴史、文化に高い関心を寄せるようになりました。厳しい気候風土が生み出した自然の風景、古くから伝わる神話や民間伝承の物語、さらには近代化に伴い発展する都市景観が画家たちの手によって幻想的に表現され、北欧独自の絵画世界が花開きます。特に1900年前後は北欧美術の黄金期と呼ばれ、ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクをはじめとする画家たちが活躍しました。

選び抜かれた貴重な作品約70点を通して、北欧美術の知られざる魅力をお楽しみください。

 

主催/松本市美術館、NHK長野放送局、NHKプロモーション
共催/信濃毎日新聞社、市民タイムス、MGプレス
協賛/DNP大日本印刷
特別協力/スウェーデン国立美術館、フィンランド国立アテネウム美術館、ノルウェー国立美術館
協力/フィンエアー、フィンエアーカーゴ
後援/スウェーデン大使館、フィンランド大使館、ノルウェー大使館
企画協力/S2

チラシ画像はこちら↓(クリックすると拡大してご覧いただけます)
hokuou_チラシ

【関連プログラム】

①講演会「北欧のこと、暮らしのこと」
人気ウェブサイト「北欧暮らしの道具展」などでエッセーを執筆されている松本市在住の桒原さんに、ノルウェー移住時の体験や家族との日々の暮らしなど、北欧にまつわるお話をお聞きします。

講師 桒原さやか氏(ライター)
日時 7月15日(月・祝)10:00~11:30(開場は開演の30分前)
会場 美術館 多目的ホール
料金 無料
定員 先着70名
申込 6月12日(水)午前9時から下記より受付
お申込みはこちら

➁ワークショップ「フィンランドのヒンメリづくり」

幾何学模様がかわいい、フィンランドの伝統装飾ヒンメリを作ります。初級・中級の2講座開催!

【初級】 日にちが変更になりました

初級作品例
講師 上原かなえ氏(クラフト作家)
日時 7月31日(水)10:30~12:00 → 8月4日(日)10:30~12:00
会場 美術館 講座室・市民アトリエ
料金 1,400円
対象 小学生以上(小学3年生までは保護者同伴)
定員 先着10名
※キャンセル待ちをご希望の方も含め、定員に達しました。お申込みいただきありがとうございました。

 

【中級】 日にちが変更になりました

中級作品例
講師 上原かなえ氏(クラフト作家)
日時 7月31日(水)14:00~16:00 → 8月4日(日)14:00~16:00
会場 美術館 講座室・市民アトリエ
料金 1,700円
対象 中学生以上
定員 先着10名
※キャンセル待ちをご希望の方も含め、定員に達しました。お申込みいただきありがとうございました。

 

③当館学芸員によるギャラリートーク
日時 8月6日(火)、27日(火) 各日14:00~
料金 無料(当日有効の本展観覧券が必要)
定員 先着15名程度
申込 不要。企画展示室前に集合
※手話通訳付きのギャラリートークを9月4日(水)に開催予定です(要事前予約制)。詳細は決まり次第本ページにてお知らせします。