新着情報お知らせ

「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」 本日開幕!

展覧会情報

Print

アニメーションの美術監督・背景画家として、数々の名作に携わってきた山本二三やまもと にぞう。その40年にわたる画業をご紹介する展覧会です。
山本二三は、1953年、長崎県・五島列島に生まれます。建築と絵画を学んだのち、アニメーションの背景画の仕事を手掛けるようになると、24歳という若さで、宮崎駿監督のテレビアニメ「未来少年コナン」の美術監督に抜擢ばってきされ、その後は「天空の城ラピュタ」、「火垂るの墓」、「もののけ姫」、「時をかける少女」などの美術監督も務めました。
入念な取材、綿密なスケッチ、豊かな色彩感覚、そして繊細な表現から生み出されるリアルな背景画は、個々のアニメーションを特徴づけるだけでなく、見るものを一瞬にしてその世界へと引き込みます。
本展では、アニメーション用の背景画を中心に、その前段のスケッチ、イメージボードなどを含む、初期から新作まで約220点を一堂にご紹介します。松本の風景を描いた最新作も登場します!日本アニメーション界の巨匠・山本二三による珠玉の背景画世界をお楽しみください。

展覧会の詳細はこちらをご覧ください。

 

天空の城ラピュタ《荒廃したラピュタ》1986年  ©1986 Studio Ghibli
天空の城ラピュタ《荒廃したラピュタ》1986年  ©1986 Studio Ghibli